部屋探しの方法

お部屋探しで迷わない方法

お部屋探しの際、物件の絞込みで迷ったりしてしまいがちです。 これは、自分の中で「利便性」を重視するのか「環境」を重視するのか、はっきりと決めていないからです。
駅近とか、近くにコンビニがあるといった便利な生活環境がどうしても必要だという人もあれば、多少遠くても、環境が良くなくては住めないという人もあるでしょう。 そういったものを、はやいうちに明確化させておきたいものです。
また、設備についても同じことが言えます。 「絶対にこれはほしい」と思う設備と「まあ、あったらいいな」と思う設備がありますから、はっきり明確にしておきます。
また、いくら素敵な物件でも家賃が払えなければ元も子もありません。家賃は収入の3分の1までに抑えたいところです。

ランキング1位の不動産会社を見る

部屋探しで注意したい4つのポイント

  • 希望する物件の絞り込み条件を明確に
  • 物件の情報収集はあらかじめ念入りに
  • 不動産会社の訪問と物件の下見はした方がよい
  • 申込みや契約前に疑問点は解決しておく

お部屋探しのポイントは、まず希望物件の絞込み条件を明確にしておくことです。
駅近やコンビニなどの利便性追求型か、遠くても環境重視型かをあらかじめ決めておくと迷いが少なくて早く決まります。
次に、不動産会社を訪問したりする前に、物件の情報収集をあらかじめ済ませておくと、不動産会社を訪れた際にも、疑問点を積極的に聞けたりと、話が進みます。 また、物件を決定する前に、不動産会社の訪問はできれば一度は行ないたいものです。
良い不動産会社かどうかを実際に見極めてから申込み、契約へと進みたいものです。
希望物件がみつかり、入居の契約をする際、連帯保証人の情報が必要となりますので注意したいところです。
また、入居審査もあります。 入居したあと支払いができるか、風紀を乱すような人物でないかどうか、というものを審査します。

ランキング1位の不動産会社を見る

ページの先頭へ