不動産会社の選び方

信用できる不動産会社の選び方

不動産会社は、日本中に大手・中小企業を問わず、それこそ星の数ほど存在しています。
そんな数多くの不動産会社の中から、自分にあったベストなパートナーを探し出すのは至難の業といえなくもありません。
それには、いくつかのポイントがあります。たとえば、宅地建物取引業者票という免許がありますが、この免許をきちんと更新されていて、会社の店頭に貼ってあるかどうかを見ます。貼ってあれば、その内容もきちんとチェックしましょう。
内容とは、過去の営業実績、営業の責任者などなどです。免許番号は、数が小さいものなら、創立年数がまだそんなに経っていない新会社であると思われます。
また、数字が大きい時には、創立年が古く、昔から営業実績をあげていると思われます。それだけ、信用度が大きくなると考えていいでしょう。

ランキング1位の不動産会社を見る

不動産会社を選ぶ4つのポイント

  • 事業免許の更新がきちんとされているか
  • 業者名簿が作成されるようきちんと書類提出しているか
  • 過去に行政処分を受けていないかどうか
  • 営業マンやスタッフが誠意ある対応をしているか

不動産会社の選び方は、まず「事業免許」が店頭などにきちんとかかっているかどうかをチェックしましょう。
「宅地建物取引業者票」という免許証が掲示されているのが普通で、これは行政機関が発行しているもので、店頭などでの掲示が義務付けられているからです。
また、「業者名簿」というものがあります。これは、前述の「事業免許」を更新するときなどに、一定の書類を行政機関に提出する義務があるのですが、この書類をもとに作成されるのが「業者名簿」となります。
業者名簿には、その不動産会社の実績や行政処分歴などが明記されているため、チェックしたいものです。
業者名簿は、免許を交付している行政庁に行くと閲覧が可能です。
また、営業マンやスタッフが誠意ある対応をしているかどうかも要チェックです。
物件を早く片付けたいがために、誇大表現をしていないかどうか、希望していない物件を無理に押し付けようとしていないかどうかなど、冷静に判断したいものです。

ランキング1位の不動産会社を見る

ページの先頭へ